おすすめWeb リンク


 
Title Date

「こうありたい教師専門教育」 韓国の大学院改革 (”学士+4年”の大学院大学新システム)
「数学教育の会」於:学習院大学 提示原稿
Aug./2005
Intel社の社会貢献−教員研修プログラム の紹介
「数学教育の会」於:学習院大学 提示原稿
Jan./2005
「カリキュラム再考・改革の前に」
中高4-4制 新校構想

「数学教育の会」於: 学習院大学 提示原稿
Sep./2004
授業のあり方に関して15の問いかけ
「数学教育の会」 於 学習院大学 提示原稿
Jan./2004
次期カリキュラムの議論の前に、
そして、授業のあり方を

東京理科大学数学教育研究会機関紙 掲載

Oct./2003
高校生の潜在能力と教職
日数教大会エキシビション 岡崎高校のコーラスから学ぶ
Sep./6/2003
"腑におちる"教育の話
‐ 第一回日本数学協会年次大会、岡本和夫教授の講演から ‐
Aug./23/2003
「数学学習”体験”の大切さ」
(- 企業の立場からの視点と、隣国の教育改革の様子 ‐
東京学芸大学数学教育研究会 5月24日講演

May/2003
「これからの理数授業のあり方
(「数学と物理とを関連させた・・・・・ 」
文科省科研費補助研究報告書 掲載原稿

Mar./2003
「数学の授業が変わってくる
(「じっきょう数学資料」46号 2003年2月 ”実教出版社”発行 掲載原稿)
Feb./2003
「学習指導要領の狙いと授業実践のギャップ
(「数学教育の会」 於 学習院大学 提出原稿)
Jan./2003
「企業の立場から見た数学学習経験の大切さ
(日本数学協会誌「数学文化」vol. 0, No.1/2002 掲載原稿)
Dec./2002
「教育における情報化
(早稲田大 学数学教育学会誌 2002 第20巻 20周年記念号寄稿)
Dec./2002
「数学授業の情報化に関する一考察
−教育の情報化が唱えられている、今、果たして・・・−

(「第35回数学教育論文発表会」口頭発表原稿 鳥取大学 11/23/2002)
Nov./2002
「教科書という摩訶不思議な規律」
(「数学教育の会」 学習院大学 提示原稿)
Sep./2002
「数学教育を想う― テクノロジー活用の意義 −」
Aug./2002
 
Title Date
「米国におけるグラフ電卓活用に関する調査研究 (要訳)」
Jul./2002
「スーパーサイエンスハイスクール」への想い
Jun./2002
「4冊の本から」
Jun./2002
「“数学嫌い”について、もう一度考えてみる」
「数学教育の会」於 学習院大学 発表原稿
Jan./2002
「Handheld Technologyの意義と今後の展望」
第34回日数教論文発表会 口頭発表原稿
Nov./2001
「数学教育におけるHandheld Technologyの意義と今後の展望」
上記口頭発表論文の草稿
Nov./2001
教科「情報」にそなえて...基本的なこと Sep./2001
教育委員会、教育センター、
数学指導主事の先生方へ
自主と工夫が求められる数学教育
Jul./2001
韓国、中国で進む数学教育改革
(東京理科大学数学教育研究会誌掲載原稿)
Apr./2001
オープンスペースを志向したグループワーク型授業におけるモデル
(アブストラクト&原稿PDF)
Apr./2001
韓国にみる教育改革の一端 Jan./2001
演繹的学習と帰納的学習
これからの数学教育に期待すること
Sep./2000
教育界における情報化とは、... Jun./2000
学習指導要領は“従う”ものではなく、“活用”するもの Mar./2000
国際競争力、否、“国際協奏力”と学校教育 Jan./2000
教育における“負債”の“さき送り” Sep./1999
クラスサイズと教育改革 Sep./1999
どういうわけか文系・理数系。その功罪。そして...。 1998
数学が嫌われることの意味の大きさ −新しい数学教育にむけて Jan./1998
想う数学・観る数学・思索する数学
おもい・みきわめ・かんがえる
Apr./1995

情報化社会に向い、教育改革が唱えられ、行政、教育界ではいろいろな提案と試みが進行し、マスメディアでも広く取り上げられてきた。 ここ数年従事している教育事業に関連して、数学教育界では多くのことを学ばせていただいている。
さらにテクノロジー活用の数学授業に関しては、米国はじめ、いろいろな国の教育者から学んだことが多い。そうした経験のなかから、いくつかの疑問、考え方、視点をこのページに掲載し、出来るだけ多くの方のご意見をお聞きしたいと思います。


日本数学教育学会 会員
早稲田大学数学教育学会 会員
日本数学協会 会員

米国Texas Instruments E&PS (教育事業)退社2003年
いすゞ自動車株式会社 退社 1978年
Art Center College of Design、Calif. 1970年
東京芸術大学 美術学部 1966年


(C) 2003 Negishi. All Rights Reserved.